NOFIA

旧クレアなひととき

言葉

「恐怖観念ほど価値のない結果を人生にもたらすものはない」: 中村天風

投稿日:

中村天風さんの戦後の講演からの言葉の抜粋です。

tempu
・中村天風(1876年 – 1968年)

 


《中村天風語録集『運命を拓く』より》

恐怖観念、詳しくいえば、病はもちろん、人事世事一切の出来事に対して、物を怖れるという気持ちくらい、価値のない結果を人生にもたらすものはない。ところが、今までのあなた方は、ちよっとでも体が悪いと、すぐおののき、怖れている。

わずかな運命に見舞われても、それが、とてもどえらい運命になってしまうように怖れてしまう。毎日の人生一切の出来事に対して、この恐怖観念で応接しているという場合が多い。このくらい、人生というものを哀れな状態にするものはない。なぜかというと、恐怖すればするほど、価値のない結果が人生にくるからである。

ベーコンという哲学者がいった言葉に、「人の大いに怖るるところのものは必ず、遂に襲い来るべし」というのがある。これはまさに、このコンペンセーション(報償)の法則を、必然的のものであるという信念で、人生を考えている偉大な哲学者の言葉である。

何度も言っているとおり、宇宙霊という生ける大きな生命は、常に我々人間の心で思ったり、考えたりする事柄の中で、特に観念が集中し、深刻な状態の時に、その観念が、その事柄に注がれると、咄嗟にそれを現実の「すがた」に表現しようとする自然作用があるのである。

さあそこで考えてみよう。一生忘れないような深刻な記憶に出来るくらいに、瞬間的でも、観念が集中されたとすると、それが宇宙霊の力を受け入れる「鋳型」が用意されたことになる。そのとき出来上がっている「鋳型」というものが、良かろうと、悪かろうと、極めて確実な「すがた」が出来上がったことになる。そうすると、その恐怖している事柄が、やがて事実となって現実化してくる。否、むしろ、そうなることが当然である。







-言葉

執筆者:

関連記事

山本浩一郎『「死から目を背けないこと」が健康の秘訣』

  自然災害にしても戦争などにしても、私たちがそれらに懸念を持つのは、それらが死を伴うからです。すなわち、「命」が消えるからです。 私も含めて、そのことが自分の親しい人や自分自身に訪れること …

父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせて

  マタイによる福音書/ 05章 43 – 48節 「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。 しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害す …

『不幸撃退の句』 中村天風

  不幸福撃退の句 私はもう何事が自分の人生に発生しようと、決していたずらに心配もせず、また悲観もしないように心がけよう。 それはいたずらに心配したり悲観したりすると、すればするほど、その心 …

2016年からの未来を生きていくために知っておきたい 「アメリカ先住民の倫理の智恵」

これは、「アメリカ先住民の智恵」として残されているというもので、以前、ブログ「クレアなひととき」に載せていたのですが、移転などをしているうちに消えてしまっていましたので、こちらに載せておきます。 この …

中村天風「我々人間ならびにすべての生物は、宇宙が出来てから後に宇宙が創ったのではない 」

日本最初のヨガの行者であると共に、稀代の日本の思想実践者ともいえる中村天風さんの言葉をまとめた『運命を拓く』の序章です。 最初に抜粋したのは、 ・中村天風師の語る「極微粒子=気=創造主」の概念で 25 …

unchain





終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)