終末CDR(カウントダウンロック)

終末CDR14:自棄な20代前半を思い出し…。ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)

投稿日:

ダニエル・ダックス
daniel-daxdigitalvampire.net

 

20代の始め、神経症とかになって、でも対処も何もわかるでもなしの日々を送っていた頃、「昼から酒を飲んでボーッとする」というのが当時普通のことでした。まあ、今でも多いですけどね。

そんな日々のある日、演劇みたいなものを一緒にやっていた友人に、

「昼から酒を飲んでる時にボーッと聴ける音楽何かない?」

と尋ねた時に、おすすめしてくれたのが、ダニエル・ダックスという英国の女性音楽家の「ジーザス・エッグ・ザット・ウェプト(Jesus Egg That Wept)」というアルバムだったんですね。

その一曲目の「エヴィル=ホンキー・ストンプ」という曲がえらく気に入って、そして、それは確かに、22、3の若者が何もせずに昼から部屋で酒を飲んでボーッと外を眺めながら、ほとんど何も考えずに聴くにはぴったりでした。

Danielle Dax – Evil-Honky Stomp (1984)

 

特に、ワインなんかより、ウイスキーがいいですね。

「来年オレ生きてんのかなあ」

と思いながら、それから 30年目に今それを思い出して書きながら、やはり明るいうちから酒を飲んでいるという進歩のなさではあります。

-終末CDR(カウントダウンロック)
-, , , ,

執筆者:

関連記事

rebel-trurh-band

終末CDR13:東京に出てきた年の気持ちは大事にしよう。レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)

レベル・トゥルース   北海道から東京に出てきた1982年という年は、たとえば、太陽活動などからいっても、すでに活動最大期は終わっていた頃でした。思い出してみても、全体として「興奮の時代」は …

ZB3009_168262_0171

終末CDR7:生きていること …… ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)

  ヴァセリンズは、終末カウントダウンロック2でも 2010年の曲を掲げましたけれど、そんな彼らの 30年近く前のイケイケです。 やっぱりいいですね。 いい曲であればあるほど終末感が強くてい …

pink-flamingos

終末カウントダウンロック3 – イントクシカ『ザ・センチュリオンズ』1963年

1972年のアメリカ映画『ピンクフラミンゴ』は、好き嫌いは人により相当わかれるとは思いますが、若い頃に「ああ刺激的だなあ」と思わせてくれた映画ではありました。 この映画、悪趣味だけが売りのようなイメー …

Almost-Red-1979

終末CDR24:地球が変わる日に … キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)

キリング・ジョーク ・FLAMING PABLUM   最近は、好きだった曲の「歌詞を確かめてみる」というようなことをやっていて、こういうことは、以前はおこなうことがありませんでした。 でま …

the5678s

終末CDR15:日本を代表する終末ガレージバンドといえば…。The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)

The 5.6.7.8’s   日本人のバンドなのに、アメリカやヨーロッパでは妙に有名なのだけれど、日本ではあまりよく知られることのないバンドというのはわりとあります。 この T …

unchain


終末カウントダウンロック/リスト
キリング・ジョーク / オーモスト・レッド(1979年)
トム・ウェイツ/ ハングオン・セント・クリストファー(1987年)
セバドゥー / ディサイド(1999年)
ガイデッド・バイ・ヴォイシズ / スマザード・イン・ハグズ(1994年)
フリッパー / Ha ha ha (1984年)
アート・ベアーズ / モーリス・ダンシング(1978年)
イールズ / ゴーイング・フィータル(2005年)
ザ・バッグズ / ディスコズ・デッド(1979年)
ザ・ファッグス / キル・フォー・ピース(1966年)
The 5.6.7.8’s – スリー・クール・チックス(1995年)
ダニエル・ダックス / エヴィル=ホンキー・ストンプ(1984年)
レベル・トゥルース – オール・アイ・ノウ(1982年)
フィオナ・アップル – クリミナル(1996年)
ザ・プリティ・シングス – S.F.ソロウ・イズ・ボーン(1968年)
ザ・ディヴィアンツ – チャイルド・オブ・ザ・スカイ(1967年)
リー・モージス – ハウ・マッチ・ロンガー(1967年)
レッド・ツェッペリン – カシミール(1975年)
ヴァセリンズ – DUM-DUM (1989年)
ラルフ・ニールセン&ザ・チャンセラーズ - スクリーム(1962年)
ゲイリー・ウィルソン - アイ・ワナ・ルーズ・コントロール(1977年)  
アウトサイダーズ - サマータイム・ブルース(1966年)  
イントクシカ - ザ・センチュリオンズ(1963年)  
ヴァセリンズ - エグジット・ザ・ヴァセリンズ(2010年)  
ザ・ジャガーズ - イッツ・ゴナ・ビー・オーライト(1966年)